着物がもっともいい表情となるように!

2019年7月9日

カメラマン:山田圭介・富樫俊之

京都のスタジオで和服の撮影をしました。

 冠婚葬祭や特別な日の訪問着などの和服をレンタルする会社、株式会社和心のWEBサイトと広告媒体用の撮影を、カメラマン山田圭介と富樫俊之が京都のスタジオで行いました。一着につき約30分もの時間をかけて、着付けや着物への思いの確認、雰囲気作りをし、訪問着や産着など数点の撮影を完了させました。撮影中は、光の当たり方や美しく見える角度など、着物の細部にまで気を配り、着物がもっともいい表情となるようキメの細かい撮影に集中したといいます。

 株式会社和心は、着物レンタル以外にも、かんざし・帯留や和傘といった和装小物の専門店を多数運営する会社。今回の撮影は、「きものレンタルwargo」のHPでいち早く見ることができます。結婚式やお宮参り、式事のときなどはもちろんですが、京都や金沢、鎌倉などの観光地に旅行にでかけたとき「和服に着替える」のはとても素敵なアイデア。日本の伝統文化が色濃い風景に合わせて、旅先を思いっきり楽しむために、お気に入りの和服で町や神社仏閣をそぞろ歩くなんて、最高の思い出になること間違いなしですね。

株式会社和心「京都きものレンタルwargo」
https://kyotokimono-rental.com/

着物 着物 着物 着物